沖縄歴史認識懇話会

「沖縄歴史認識懇話会」の発足

著者:okirekikon

「沖縄歴史認識懇話会」の発足

2017年2月1日、沖縄歴史認識懇話会(以下「沖歴懇」と略称)が発足しました。 「沖歴懇」は、沖縄の歴史に対する深い認識の違いが沖縄県民と県外の人々の間に存在しており、それがために沖縄の米軍基地負担軽減問題への取り組みが益々困難になっていると捉えております。歴史認識の違いがどこにあるのか、その違いをどこまで近づけることができるのか、そこからどのような教訓を得ることができるのか、といった問題についての議論が、今ほど必要とされている時はないと考えています。そこで「沖歴懇」は、沖縄の歴史認識問題について有識者に広く議論して貰うために、政府と県に対し公的な枠組み「沖縄賢人会議」(仮称)の設置を求める活動を始めることにしました。「沖歴懇」は、下記発起人による、非営利的、中立的かつ時限的な私的ボランテイア組織です。

「沖歴懇」の発足に伴い、「沖縄歴史認識懇話会」とのタイトルでフェイスブックを開きました。この懇話会の設立目的、活動の中心的課題、組織の概要、入会申込案内等を今後随時掲載していく予定です。皆様からのコメント、情報提供、問題提起などを歓迎します。

まずはニュースレターを通じ、「沖歴懇」の活動についての基本的説明をしていく予定です。第1回ニュースレターでは、公的「沖縄賢人会議」設置提案の趣旨について、第2回以降は、「沖歴懇」の会則や沖縄の歴史認識問題上の「代表的事例の選択と論点整理」について、順次説明していく予定です。

「沖歴懇」は沖縄の歴史認識問題に関心を持っていただける方々とともに、「沖縄賢人会議」設置提案を作成し、政府と沖縄県に提出していきたいと考えております。

「沖歴懇」は発足したばかりであり、皆様とのコミュニケーションを円滑に進めていくためには、少々時間がかかると予想します。皆様のご理解をいただければ幸いです。

2017年2月1日
沖縄歴史認識懇話会設立発起人(アイウエオ順)
大山三枝子      主婦
塩谷隆英       元NIRA 理事長
鶴田瑞穂       新三木会幹事
則松久夫       元鉄鋼会社勤務
橋本宏        元沖縄担当大使
半田敏雄       元三菱重工業勤務
松井和明       元都市銀行勤務

著者について

okirekikon administrator

コメントを残す